お客様の喜びのためにこだわる!

  • 「食べること」
  • 「お客様の日常」
  • 「スタッフの成長」

スタッフの成長は継続した学びから!

当たり前のことを当たり前と捉えず、周囲に感謝のできる人づくり!各スタッフは天翔内での多職種連携はもとより、歯科部と連携をして「食べること」の支援の輪づくりに日々全力で取り組んでくれています!又、天翔に関わってくださるお方々に、喜びや笑いを継続的に伝えられるように、職場内研修・外部研修の学びを通して自己研鑽に励んでくれています!本当に感謝です!

職場内研修の取り組み

画像

令和3年度10月研修会 
テーマ「食べる機能を理解した口腔ケアの実践」
講師 西岡歯科衛生士さん(元気なお口研究会まほろば)

毎月テーマを変えて研修を実施しています!
講師の担当もスタッフが交代に努め「インプットとアウトプットの実践」に取り組んでくれています!
10月は定期的に必須研修としている歯科専門職による「口腔ケアの実践」研修でした!
和光会の歯科部は歯の治療の視点はもちろん、「食べものを認知してから飲み込むまでの全ての機能」に責任をもつ専門職集団!多職種連携の視点に重点をおき、「食べることの支援の輪」を作ることに注力しています。
介護部は「生きる力は噛む力」を合言葉に、歯科部と密接に連携して日々取り組んでいます!

職場外研修

画像

令和3年度奈良県認知症介護実践者研修の受講

令和3年度 奈良県認知症介護実践者研修に訪問介護センター田部の家の「小杉有子さん」が受講してくれました!
今回の研修は新型肺炎感染症の流行を加味して、ZOOM活用のオンライン研修でした!
研修では職場内実践課題もあり、職種の垣根を越えて全スタッフで取り組みました。取り組み内容や進捗状況を見える化して、スタッフ間で共有しながら進めてくれ、目に見える成果を全員で感じることができました。同時に今後の課題も浮き彫りとなり確実に前進できる研修となりました。チームになって取り組んでくれた皆さん、本当にお疲れました!
今後ますます加速する超高齢化社会、高齢者において、認知症患者率は2025年には20%(5人に1人)、2050年には27%(約3人に1人)となる推定が打ち出されています。我々「生きること」をサポートする仕事に携わる者として待ったなしの今、常に変化する情報、知識、支援技術等を理解・習得して認知症ケア力の強化を図っていきます!

Copyright ©医療法人和光会 All Rights Reserved.