法人概要

ご挨拶

 私ども医療法人「和光会」は、超高齢化社会の進捗を見据え、20年にわたり、業務内容を「食べることの支援」へと変えてまいりました。 昭和56年に個人開業、平成5年 医療法人設立となりました。 そして平成10年、訪問歯科診療を開始しましたが、訪問歯科衛生士が提供する月4回のケアで、患者さんの口腔機能が如実に改善される姿を見るにつけ、平成18年にデイサービスを開設、平成23年には入居施設天翔を開設いたしました。 天翔におきましては、一年365日、一日3回の口腔ケアサービスを提供することにより、入院あるいは施設退去理由に占める誤嚥性肺炎の割合は極度に低くなっております。 これは頻回の口腔ケアが、口腔清掃にとどまらず口腔機能を賦活化させ、食べられるお口を維持できているものと考えています。 外来歯科診療と私たちが傾注している訪問歯科診療の違いは、外来は当然のことですが医療の場であり、歯科医師は、痛い、腫れているに代表される、患者さん自身が感じる、不都合について、医療技術を提供すればよいわけです。 しかし私たちが訪問歯科診療を行うのは患者さんのご自宅であり、ご本人の生活の場です。そこでは、受診のきっかけや主訴について、 ご本人からの訴えというよりも、ご家族や多職種の視点が大きく、痛そう、噛みにくそう、飲み込みにくそう・食べさせにくい、という表現が中心になってきます。 これら他者の視点の入った主訴の多くは、介護者の負担が増大していることを意味しています。食形態等調理の手間、食事介助にかかる時間、介助方法に関する困難、そして食べないこと自体に対する介護者の心労を含めたものであることが多いのです。 ですから、訪問診療においては、我々の関与によって、「うまく食べられるようになった」、「介護者の負担が軽減された」という事実を、ご家族、介護者と共有できる状態を目指す。 図らずも医療の場ではないことを大切に仕事をしなければならないと考えています。 

画像                               医療法人 和光会
                               理事長 歯学博士  諸井 英二

基本理念

地域の歯科医療と福祉に貢献する

 この超高齢化社会にあっては、自分の力で来院できない患者さんが大勢おられます。またそのような患者さんが抱える問題は、「歯」というよりも「お口の機能」の問題です。「食べること」に関する問題であり、また「誤嚥性肺炎」という人の生死にかかわる問題です。
そのため和光会は歯科診療所のみならず、訪問診療部、介護事業部とその事業を変容させてきました。
具体的には、「歯科と介護の事業活動による、食べることの支援をもって、地域に貢献する」ということになります。
この基本理念は、創業以来受け継がれてきた、和光会独自の経営上の考え方・価値観・手法を踏まえ、社会における和光会の存在目的を示したものです。

法人概要

名称
医療法人 和光会
理事長
諸井 英二
住所
奈良県天理市西長柄町449-2
TEL
0743-62-6528
FAX
0743-62-6535
事業内容
歯科診療所を天理市内に2ヶ所三重県内に1ヶ所、 訪問歯科診療や予防歯科に注力
2006年より介護事業を開始
従業員数
法人全体 80人

沿革

1993年 3月
医療法人和光会 設立 初代理事長 諸井英世
1993年 5月
西長柄歯科診療所 開設
1998年 10月
訪問歯科診療開始
2003年 4月
美杉歯科診療所 開設
2003年 5月
諸井英二 理事長就任
2004年 4月
天理駅前歯科診療所 開設
2006年 5月
デイサービスセンター田部の家 開設  介護事業をスタート
2009年 12月
デイサービスセンター前栽の家 開設
2011年 3月
訪問介護センター田部の家 開設
2011年 11月
住宅型有料老人ホーム天翔 開設
2014年 4月
美杉歯科診療所 新築移転
2015年 6月
訪問看護ステーションあかり 開設
Copyright ©医療法人和光会 All Rights Reserved.